MENU

リボ払いとキャッシングが返済できない|簡単に解決するために

気軽に利用できそうで、一度はまってしまうと抜け出せなくなるのがリボ払いとキャッシングですよね。私もこれらで返済できない状態になってしまいました。

 

でも今は解決して普通の楽しい生活を送っています。

 

その解決した方法を紹介したいと思います。

 

1.遅すぎた判断

借金は1人で悩んでいても、解決しない。恥を承知で相談した時、そう感じました。借りては返すの自転車操業でとっくに限界であったにも関わらず、ブラックになりたくないという意地が、悪化の一途を辿りました。

 

結局、意地は報われることなく限界に達し、債務の相談をした結果、金銭面のみならず精神面でも荷が下りたことで、今までの生活が嘘のように好転しました。

 

私のような境遇の方があられましたら、是非、勇気を持って早めの対処をして頂きたいと思い、実体験を紹介させて頂きます。

 

 

2.リボ払いの魔の手

私が月々の返済に追われるようになった最初の発端は、ショッピングのリボ払いからです。当時の勤め先は残業が出来ていた為、給料もそれなりに多く、買い物は常にカードを使っていました。少し支払がきつい時だけリボ払いにしていたのですが、経済悪化の影響を受け、残業代がカットされ、手当て自体が見直しとなり、月額で7万円ほど手取りが減る状況になりました。

 

当然、ここまで減るという予想はしておらず、いつまでも今の給料が続くとばかりの生活を送っていた為、毎月の返済額を減らす為、全額リボ払いへ。

 

気付けば、50万ほど使っていて、毎月の返済額が3万円でした。返せない額ではなかったので、問題視していませんでした。数か月ほど過ぎ、明細を見て愕然としました。元金があまり減っておらず、利息分が異常に高いことがわかったので、何とかしなければと考えました。

 

リボ払い返済できない

 

この時、自分の稼ぎから返すことだけを考えておけば良かったのですが、他にもっと効率良く返す方法は無いかと探し、借換えの選択をしてしまいました。

 

3.減らない元金

ショッピングのリボ払いは金利14%程度でしたので、キャッシングで10%程度で借りれて、月々の支払が1万で済むから楽になるという安易な考えから、50万キャッシングをして、ショッピング分を全額返済しました。この時点では借金50万でした。でも毎月1万円の返済ですから、中々完済できないので、返せる時は、多めに返すことを考えていました。

 

ただ、楽になってしまったせいで甘えが出てしまい、多めに返済することはせず、逆に完済したクレジットカードをまた、使い始めてしまいました。完全に浪費でした。

 

借金浪費

 

4.甘えの代償

クレジットカードも使ってしまったことで、100万の負債を抱えてしまいました。毎月4万円の支払いです。返せない額では無かったのですが、少しでも返済額を抑えたいという考えから、おまとめローンというものを見つけ、申し込んだ結果、100万を1つにまとめることができました。また、毎月2万の返済となり、また安堵してしまいました。

 

失敗だったのは、この時点で完済した分のカードを解約していなかったことです。更には、おまとめローンを改めて確認すると、100回払いで毎月確実に利息を抜いて行くという驚愕の商品だったのです。全てにおいて、気付くのが遅かったのです。

 

おまとめローンは、返済するのみで借入れはできないものでしたので、毎月確実に2万は返済しなければならないという縛りが発生しました。

 

 

5.背伸びと見栄は、身を滅ぼす

やはり給料が減ったことで、身の丈にあった生活を送っていれば問題なかったのですが、急に生活レベルを落とすことができず、月々の補てんの為、クレジットカードにまた手を付けてしまいました。なるべくクレジットカードの利用は控えていたのですが、私は部下を持つ役職だったので、仕事終わりの飲み会代などを支払っていました。ある時は、お客さんの接待でカード支払をした後、翌日に会社で経費清算を行ったところ、承認されず、自己負担となってしまいました。

 

こんな生活を続けてしまった為、この時点で200万の借金、毎月6万の返済と、深みにはまってしまったのです。今更ですが、日常、稼ぎの範囲で出来ないことはやらない、我慢するということを痛感しています。もちろんですが、急な出費に耐えられる状態ではありませんでした。

 

 

6.低金利が魅力的だと錯覚した

ここまでくると返済はきつくなり、総量規制にも引っ掛かり始める額になってきました。色々と返済方法を調べていると、年収の3分の1を超えても借りれるという銀行系ローンが出始めていました。金利もかなり低い商品として。借換えた際のシミュレーションも行い、返していけると判断したので、申し込み後、200万の枠で契約できました。おまとめを除いた100万を清算し、返済を頑張っていたのですが、当てにしていたボーナスが出なくなりました。これには、がっくりしました。

 

住宅ローンを抱えていたので、ローンの補てんでキャッシングを重ね、結局、400万の借金で月々12万の返済へ、姿を変えてしまったのです。常に計画通りにはいかない、備えは必要だと反省しました。

 

 

7.自転車操業だとわかっていても

既に月々の返済は、きついというか無理な状態にまで到達していました。なんとか返さなければという考えだけが先行し、この状況下で、更に銀行系ローンから100万借入れをしました。これは返済だけの為です。もう、既に万策尽きたという状況であったのですが、給料も少しずつですが、持ち直ししてきた為、返していく決断をしました。

 

しばらくしたら案の定、返済が出来なくなり、本当に悩みました。もう借金の事しか頭にはなかったのです。

 

キャッシング返済できない

 

 

8.意地やプライドは、もういらない

今まで何とかしようと考えていた結果が最悪の事態を招いたことで、まず考える前に行動しなければならないと焦る気持ちを冷静に保ちつつ、相談先を探していました。

 

その中で便利だったサービスが街角法律相談所です。このサービスはあなたの今の状況を簡単に入力するだけで、どんな解決方法が適していて、どのくら借金を減額できるのかシュミレーションしてくれます。利用は無料なのでとりあえずやってみるとすごく気持ちが楽になると思いますよ。

 

また、今の状況に合った最適な弁護士や司法書士も教えてくれます。よくわからないことがあれば、その時点で法律の専門家にも電話で相談することも可能です。もちろん相談も無料なので、私達のような状況の人にとっては助け舟になるサービです。

 

相談出してみた結果、任意整理は可能だが、個人再生の方が早くリセットできるという回答でした。その後、任意整理でなんとかならないかと相談し、では任意整理でなんとかしてみましょうという流れになりました。

 

任意整理などは、どうしても事務的な話になりがちで、返せる見込みが無いなら、話を進めないという弁護士の方も居ると聞きました。だけど、このサービスで見つけた弁護士さんは非常に親身に話を聞いてくれる方で、任意整理でも返せる可能性があるので、やってみましょうと言ってくれました。

 

 

9.肩の荷がおりた時

任意整理依頼後、弁護士事務所から各債権者へ受任通知が送られます。これは、債務の返済方法について、和解したいので、弁護士が代理人になりますというものです。これが送られたら、即返済はストップされます。任意整理は和解まで3カ月程度、長い場合では半年ほど掛かるケースもあるようです。

 

和解まで返済がストップしている期間を利用し、弁護士費用の支払い、返済が開始された時の為の積立てを行っていきます。

 

因みに、多くの弁護士事務所は費用分割に応じてくれます。任意整理するぐらいですから、当然、手元にお金が無いのは理解してくれています。返済が停止している時に、きちんと費用を払うことで、返済していく気があるかも試されています。

 

とにかく、精神的に楽になり、今まで借りることでしか返済を考えなかった自分が、返済の為にどうやって稼ぎを増やしていこうかと、前向きに悩めるようになったことが、一番大きかったです。

 

それと、「私に任せてください。借金の問題は必ず解決します。」と言ってもらえた時には涙が流れました。本当に肩の荷が降りて、ほっとした瞬間でした。

 

 

10.返済は楽ではないが、必ず未来はある

返済していくことは、決して楽ではありません。それなりの覚悟も必要です。私も相談していなければ、良い解決策は考えられず、正常な判断もできなかったでしょう。自殺も考えたことがあるので、残念な未来になっていた可能性もあります。でも悩む時間があったら、とにかく相談して下さい。考える前に行動が大切です。

 

今は完済し、普通の楽しい生活を送ることができています。。ATMを走り回らなくて済むようにもなりました。

 

借金完済

 

お金は、借りるのではなく稼いでいくものだと、考え方も変わりました。悩む段階で即相談。1人で悩まず、借金に追われる生活を打破して下さい。必ずゴールはあります。

 

一歩を踏み出せば助けてくれる人がいます。しかもこのサービスを使えば、ネット上でできるのでその一歩も小さくてすみます。よく分からないプライドで大変な未来になる前に、まずは行動してみてくださいね。応援しています。